ホーム > カテゴリー  > 化粧品・日用品  > マカデブルー石けん

マカデブルー石けん

<img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />マカデブルー石けん

製品区分
マカデミアナッツオイル石けん(枠練り石けん)
内容量
 
販売価格
1,100円(税込)
購入数
アップ
ダウン

 

100g

保湿力のあるマカデミアナッツオイルとマヌカハニー配合で、お肌にやさしく、しっとりした洗い上がりの石けんです。

商品の特徴

①マカデミアナッツオイル高配合

マカデミアナッツオイルに含まれるパルミトオレイン酸は、人間の皮脂に近い成分で、お肌を乾燥から守り、うるおいを与えます。

②高活性マヌカハニーUMF20+配合

マヌカハニーは、ニュージーランドに自生するマヌカの木の花から採取したはちみつです。そのマヌカハニーの中でも、高活性のUMF20+のマヌカハニーを配合しました。    

■UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)とは?

ニュージーランドのピーター・モーラン博士が発見し、他のはちみつにはないユニークな要素を持っていることから、「UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)」と名付けられ、その数値によって、活性の強さを表示する方法を確立しました。
UMF20+とは20%のフェノール溶液の濃度によって換算されます。なかでもUMF15+以上のマヌカハニーは高活性マヌカハニーと呼ばれています。

<無添加>

化学物質(タール色素、鉱物油、合成香料、合成着色料)は、一切使用しておりませんので、お肌の弱い方にもお使いいただけます。

【製品プロセス】  〜枠練り石けんができるまで〜

90日間、じっくり手間と愛情を掛けて手作り!

高品質の枠練り石けんを作るには、長い熟成期間が必要なうえ、全工程に熟練の技術が必要なため、大量生産やスピード生産はできません。90日間、じっくりと手間を掛け、一つ一つ丁寧に、手作りしています。

  1. 素地をつくる
    釜で炊き込み、石けん素地を作ります。
    同じ配合でも、気温や湿度が違えば、仕上がりに差が出るため、その日の釜の状態に合わせた調整が必要です。
      ↓
  2. 流し込み
    釜で仕込んだ素地は、一晩寝かせてから丁寧にろ過し、「水冷枠」に入れて固めます。
      ↓
  3. 枠抜き&カット
    石けんが固まったら枠から外し、ピアノ線や抜き型で一つずつ切り分けます。
    固まったばかりの石けんは柔らかく傷つきやすいため、作業には細心の注意が必要で、今も熟練の職人が手作業で行っています。
      ↓
  4. 1次乾燥
    水やアルコール分を抜くために、乾燥室で7〜14日間、寝かせます。
    あわてて乾燥させてヒビが入らないよう、室内の湿度は40〜60℃にキープ。
    温度と換気を調整しながら、石けんの様子を見守ります。
      ↓
  5. 中間磨き&成型
    最初の乾燥を終えた石けんは、内部の水分が蒸発し、ひとまわり小さくなっています。
    この石けんをサッと湯にくぐらせ、丁寧に磨いてツヤを出します。その後、プレス機で形を整えます。
      ↓
  6. 2次乾燥
    成型した石けんは、再び乾燥室に入れ、さらに40〜60日間、じっくり熟成されます。
      ↓
  7. 仕上げ磨き&成型
    仕上げ磨きにより、透明石けん特有のツヤを出します。石けん作りの中でも、特に熟練の職人技が要求される重要な工程です。
      ↓
  8. 3次乾燥
    熟成させるほど、成分がよく馴染み、使い心地がよくなります。最後の熟成期間を取ることで、より品質が高くなります。
      ↓
  9. 出荷
    熟成を終え、最後の検品をクリアした石けんだけが、出荷されます。
    ここまでに要する時間は、約3カ月(90日間)に及びます。

ご使用方法

お顔を先に濡らして手のひらでしっかりと泡立て、やさしくお顔を包み込むように洗顔してください。全身にもお使いいただけます。

ご使用上の注意

  • お肌に合わないときや、傷・はれものなどお肌に異常のある部位には使用しないでください。
  • また、目に入らないようにご注意ください。

全成分

石ケン素地、水、スクロース、グリセリン、エタノール、ソルビトール、ハチミツ、マカデミア種子油、HEDTA-3Na、水酸化Na

マヌカハニー:ニュージーランド産100%